たかが豆腐 されど豆腐

こんにちは、凜としての入部です。いつも「凜として」をご利用いただき、ありがとうございます。

美肌・美髪を日々心掛けている皆さんは、お豆腐はよく食べますか?私は、お豆腐が大好きです。なかなか毎日は食べられませんが、できるだけ食べるようにしています。美容や健康、ダイエットにいい食品として有名な「お豆腐」ですが、具体的に毎日食べるとどんな効果が期待できると思いますか?今回は、お豆腐の効果についてお話しします。

お豆腐は、高タンパク低カロリーな食品の代表です。でも、どんなお豆腐を選び、どんな食べ方をして、1日どれくらい食べていいのかご存知ですか?

お豆腐は大豆が原料なので、良質な植物性タンパク質を摂ることができます。タンパク質は身体に欠かせない栄養素で、筋肉量を増やしたり維持することに役立ちます。他にも、血液中のコレステロールを低下させる働きがあり、血圧の上昇を抑制する効果も期待できます。また、お豆腐の脂質に多く含まれている「リノール酸」には、血管に付着するコレステロールを除去し、善玉コレステロールを増やす作用があると言われています。

お豆腐は熱処理されているので、大豆に含まれるビタミンがそのまま含まれているわけではありません。それでもビタミンE、B1、B2、ナイアシンを豊富に含んでいます。ビタミンEは、活性酸素や脂肪の酸化を抑制する働きがあることで有名ですよね。活性酸素はシワやシミなどの老化現象を進めるので、食事からビタミンEを取ることは美肌を保つにはとても大切なことです。ビタミンEには、糖質や脂質の代謝をサポートする働きがあり、ナイアシンには皮膚や胃腸を正常に保つ効果が期待できます。美肌作りに励む女性や、甘いもの、脂っこいものを好む男性にとっても最適な食品です!中性脂肪を減少させる働きもあるので、肥満予防効果も抜群です。

お豆腐にある「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンに似た働きをして「植物エストロゲン」とも呼ばれています。前にも書きかましたが、女性ホルモンは、美肌、美髪に深く関係しています。30代後半くらいから、徐々に減少してしまうので、お豆腐を食べることで、ホルモンバランスを保ち、太りにくい体質を維持することが期待できます。「木綿豆腐」なら、カルシウムが意外に多く含まれているので、骨や歯を作る重要なカルシウムも撮ることができます。また、大豆サポニンは、エグ味を感じさせるので好き嫌いがあると思いますが、脂肪の蓄積が防げると言うので、人気が出てきました。サポニンは、ブドウ糖と脂肪が結びつくのを防いでくれます。また、老化の元になる脂肪酸の酸化や活性酸素の働きを抑制します。

ですから、美肌や美髪を目指し、体型を維持し、ホルモンバランスを整えるには最適な食品なのです!

お豆腐と言っても、いくつか種類があります。豆乳、ゆば、おから、おぼろ豆腐、絹、木綿、ざる豆腐、加工品なら揚げ豆腐、油揚げ、がんもどきなど、種類も豊富です。食べ方も色々とありますから、ネットでお豆腐料理を検索してみてください。毎日飽きずに食べられるように、種類や料理方法を工夫するのが良いですね。

1日の量としては、絹ごし豆腐なら150g(1/2丁)、木綿豆腐なら110g(1/3丁)くらいが目安です。サプリメントを取るのは簡単ですが、美肌・美髪、健康維持のために、お豆腐を食べる習慣づけしてみてください。美肌は1日にしてならずです(^ ^)

日日是好日

1 Comment

  1. H.M

    2021-04-29 at 7:57 PM

    今ではスーパーマーケットやコンビニで売られていますが、かつては個人商店、即ち”お豆腐屋さん”で売られているのが常識でした。

    現在は廃業して久しいですが、昔住んでた家の近所に”お豆腐屋さん”があって、幼少の頃は祖母や母に連れられ、店の人が水槽から形を崩さずに手際よく取り出すのを、飽きもせず見て楽しんでました。

    父の話では、「オラの爺はん(※父は自分の父親をこう呼んでた)ちゃ昔のことちゃなぁ~ん喋らんだ人だし、聞かなんだオラも悪いがやけど」と前置きし、「『家でとっぺ作っとった』『熱っついが作って食べたら、美味かったぞ』ちゅうとったが聞いたことあっら」と、言っていました。

    なんかよくわからない発言ですが、それは単に自家製だっただけなのか、曾祖父、または高祖父の代は、家業として商売してたのか、判りません。

    余談ですが、祖父が亡くなった時、当時の医薬大の学長が弔問に来られ、30近い年齢差があるのに一体どのような関係だったのかと、親戚一同がびっくり仰天しました。
    確かに祖父は若い頃、売薬業に従事しており、祖父の姉の子(父の従兄)も売薬業でしたが・・・何か繋がりがあったのかも知れません。
    某公共放送のファミリーヒストリーはよく見る番組なのですが、どうやって調べるのか、知りたいところです。

    脱線しました。
    とにかく、作りたてはおいしい、ということなのでしょうが、近所の「お豆腐屋さん」のではなくスーパーの量産品を食するようになってから心なしか、苦いような渋いような何とも表現できない味が感じられるような気がして、それを誤魔化すため、ショウガと醤油を多めに掛けて食べてました。

    暑い時期はしょっちゅう冷や奴が食卓に並びましたが、そのせいで、好んで食べたいとはあまり思わなかったです。

    そうか、エグ味とやらの正体は大豆のサポニンだったのか・・・
    えっ、今ですか?今は何も付けずそのまま食べますけど、好きというほどでもないなぁ。

    美容と無関係なレスで済みません。m(_?_)m
    豆腐にまつわる話を思い出し、つらつらと書いてしまいました。

H.M へ返信する Cancel

pagetop