サイクリングしませんか?

こんにちは、凜としての入部です。いつも、ありがとうございます。

相変わらず、梅雨ダルが続いています。皆さんはどうでしょうか?おうちのお掃除も、飽きてきたし・・・外に出るのも、何となく怖い。東京ではコロナの感染数が増えているし、他の都市でも増えていますよね。夏場になれば、少し落ち着くのかと思っていたのに、いったい私たちはどうしたら良いのでしょうか?仕事には行くけれど、それ以外のことは、ついつい自粛してしまう。子供たちも、夏休みが少なくなって、リズムがイマイチ掴めていない。そんな方が多いのでは・・・GoToキャンペーンもわかりにくくて、どうしたものでしょう。

私の住む富山では、ほとんどの移動が車です。もちろん、「梅雨だから」もあるのですが、ついつい近くても車を使ってしまいます。しかし、この度、私自転車を購入しました。通勤は無理なのですが、お休みの日にちょっとショッピングに出かけたり、お友達のところにでかけたり。ウォーキングやランニングをしていらっしゃる方も多いとは思うのですが、私はなかなか続きませんでした。でも、自転車なら、いけるかも!と、チャレンジしました。最近自転車愛好家が増加していると言われています。健康・美容にも良く、エコなのが何より!自転車で走ると、今までと景色が違います。同じ道を車で毎日のように走っているのに気づかないことがいっぱいあります。「ここのおうちは花壇があるんだ。」「この細い道に行ったら、近道かも・・・」当たり前のことかもしれませんが、当たり前のことを再発見するって、意外と楽しいです。健康面でも優れた有酸素運動で、中性脂肪の血中濃度を低下させたり、善玉コレステロールを増加させるなど、色々と効果が期待できます。サイクリングは、ウォーキングやランニング、スイミングと並ぶ有酸素運動なのです。また、加齢で衰えがちな下半身の筋力アップにも効果的です。第二の心臓と言われる、ふくらはぎの筋力アップにはもってこい!

オススメなのが20インチの「ミニベロ」です。車体も軽いし、ハンドリングも楽です。小回りが効いて、不安感がありません。しかもおしゃれで、かわいい!私は20インチの物を購入しました。

そしてサイクリングの1番のオススメの理由は、「風を切って走る気持ち良さ」です。速度を変えて走れば、ランニングやスイミングよりも長い間運動する事が可能です。ちょっと慣れてきたら、サイクリングロードを走ってみるのも良いかも。全国には人気のサイクリングロードがたくさんあります。1人で気軽に始めることができて、達成感と言うほど大袈裟ではないのですが、プチ満足を得る事ができます。それぞれの体力に合わせて、無理はしないでくださいね。サイクリングなら、密になることもないですし、自然にも優しい。おまけに、ダイエット効果もあります。

サイクリングで消費するエネルギーは、ママチャリで50kgの人が30分走ったとしたら

50(kg)×4(METs)×0.5(時間)×1.05=105(Kcal)

自転車の種類にもよりますが、大体30分で100Kcalは消費できます。

コロナとの戦いは、長期戦!一喜一憂する日々がまだまだ続くので、ストレスを発散する方法もいくつもあった方が断然良い。雨の日のストレス発散の方法、晴れた日の発散方法、たくさんの引き出しを作りましょう。身体を動かして疲れさせることも、良い睡眠を得るためには必要です。ウイルスだって変化します。私たちも日々変化を楽しみましょう!

皆様が健康に楽しく、笑顔で過ごされることを願っております。

3 Comments

  1. 眞野 等

    2020-08-04 at 1:12 AM

    こんにちは。

    二日前に梅雨明けしましたね。
    今回は自転車ですか、いいツボ突いてきますね、お付き合いします。

    自転車は移動方法として非常にエネルギー効率が良い、つまり省エネな為、極端な疲れを感じないところが素晴らしいです。
    折り畳み式なら手軽に自動車に積めますので移動先で、というのがレジャーも含め、最もポピュラーな活用方法の一つではないでしょうか。
    ただ自転車全般に言えることは、同じ姿勢のままではやはり辛いので、何らかの工夫は必要ですがね。

    確かに同じ道順でも、歩道寄りからと、車道中央からとでは景色が違って見えるので、曲がるべきところをそのまま直進したりと、ボケをかますことも。

    ちなみに私は高校時代は大沢野まで自転車通学で、大泉-南富山-熊野-小黒-船峅を通るルートで家から1時間と20~30分ぐらいだったと思います。
    行きは向かい風のことが多く、学校に近づくにつれ勾配が増え、特に小黒の急坂は登りきるのがしんどかった!
    なので、1時間目の授業は”かったるい”状態で殆ど集中できてませんでした。

    まあ、稲積君の影響は多少なりともありますが、今でも心肺機能の維持を目的に暇があればクロスバイクもどきに乗ってます。
    程よく疲れることで快眠が得られ、それによりリフレッシュされる、といった具合でしょうか。

    さすがに暑い季節は注意が必要となってきます。
    “のんびりと”でも15分も走れば、体が熱くなってきて、漕ぐのを止めた途端、汗が噴き出ますから夏場は”ちょっとした移動”程度に留めておかないと、後が酷いです。

    それにしてもこんな計算式があったとは知りませんでした。
    この”メッツ値”なるものが乗り方によって様々に変わるクセ者のようで、これをきちんと理解・適用してないと的外れな結果になるということで、また一つお利巧になりました。
    有難うございます。

  2. よし

    2020-09-03 at 7:19 PM

    今年の夏は猛暑でなかなかサイクリングとはいかなかったとおもいますが、そろそろ朝晩は気持ちよさが体感できます。
    20インチミニベロでしたら驚くほど進みますよ~

    1. rintoshiteposter

      2020-10-16 at 10:38 AM

      ありがとうございます^^

Leave a Reply

pagetop